入園グッツ手作り推奨?!何それな幼稚園 保育園特有の謎ルール

query_builder 2022/08/22
遊び勉強音楽英語プログラミング
095B4D0F-5C10-48FB-B514-5A7ED044682E

そろそろ9月。

幼稚園選び 保育園選び 本格的に決める季節がやって来ましたね。


どうもこんにちは。

キリスト教幼児教育きのみ園長です。


当園でも間も無く新入園児教室が始まります。

※毎月第3日曜日13:00~行います。

詳しくはコチラ↓↓↓

ホームページ 新入園児教室


やっぱり幼稚園保育園選びって大変ですよね…。


そこで今回は、「こんなの知らない!!」「入園する前に知りたかった」「ホームページに書いてないじゃん」

なんていう、ちょっとした幼稚園保育園特有のルールを何個か紹介したいと思います。



 目次 


50088EEA-F643-4B0D-9CFE-EFED002B242C

 入園グッズ全部手作り?! 


これは聞いたことある人もいると思います。


なんでなんでしょう🤔

当園では今も昔も手作りを推奨したことが無い(昔は手作りするしかなかったかもしれませんが)ので理由は分かりません。



キリスト教幼児教育きのみは既製品で問題ないです←\_(・ω・`)ココ重要!



入園を希望する園が手作り推奨でしたら、理由を聞いてみるのもいいかもしれません!

(TwitterやInstagramのコメントやDM等で良かったら私~園長にも理由を教えてください)


子どもの為とはいえ、入園グッズを全て手作りするのは骨の折れる作業だと思います。


そこで、少し調べてみたのですが、簡単に作れる手作りキットや、入園グッズ製作代行業者というのもあるみたいです!!


もし、入園を希望する園が手作り推奨の場合はそのようなものを利用するのもアリかもしれませんね。

園によっては業者に頼んだのがバレると怒られる事もあるみたいなので、そこは事前にご確認ください。



そもそも、入園グッズとはどんなものがあるのでしょう?



きのみ園で保護者の方に用意をお願いしているものを例としてあげたいと思います。


参考までにご確認ください!


  • 上履き入れ
  • 手さげ袋
  • 給食袋
  • お箸(練習用箸などでもOK)
  • お箸ケース
  • おしぼり
  • おしぼりケース
  • ハンカチ


おそらく、最初の3つプラスお弁当袋 布団や座布団のシーツ エプロン スモック ランチョンマットなどが手作り推奨ではないでしょうか?

多いですね……


大事なことなので最後に、もう一度言っておきます!



キリスト教幼児教育きのみは既製品で大丈夫です!←\_(・ω・`)ココ重要!



ほかにはお遊戯会などで使う衣装や、お面なんかも保護者が手作りする園もあるようです。


きのみではお遊戯会の時などに、シャツやズボン、靴下の色を指定させていただくことがありますが、お手持ちの服で近い色のものがあれば大丈夫です。




60FF21FA-BAC3-4052-A1EA-ACEE415BE65A

 園指定グッズの多さ 値段も… 


園指定のグッズ

多いですよね…。


当園も他人事ではないので、なんと言うかちょっと保護者の皆様には申し訳ないです。


参考までに

キリスト教幼児教育きのみの指定グッズを載せておきます。

興味のある方はリンクから飛んでみてください。コチラ↓↓↓

ホームページ 募集概要


こちらに載せている制服 通園カバン 通園帽子

きのみの指定グッズになります。

プラス給食時のエプロン等も購入していただきます。

(ご兄弟や、知り合いから譲り受けた場合などは購入しなくても大丈夫です!)


これはキリスト教園特有のものだと思いますが、「こどもさんびか」も購入していただきます。


細かい所まで言うなら、名札やバスワッペン クレヨン 歯ブラシ入れ 外で遊ぶ際のカラー帽子 粘土 等園で購入し配布します。


名札は進級する時に新しいデザインのものを毎年お渡ししています。

※その他任意の課外授業を選択した場合レッスンバッグなどを購入して頂く場合があります。


ほかの園も基本は制服帽子 カバン スモックなどが指定の場合が多いかと思います。



高いですよね…

値段が


某N松屋なんかに比べたらそりゃもう高額な買い物になります。


結果、そんなに何着も買う訳にはいかず、毎日子どもが園から帰ってきたらすぐに脱がせて洗濯。


本当にお疲れ様です。


園によっては


靴下やシャツ、靴など指定のものを購入していただく必要はあるけど、日常保育の際は同じ様な色やデザインのものであれば市販の物で大丈夫!


という所や


汚れてしまった時用に替えの園服を持たせる必要がある


という所もありますので、その辺を確認してから、購入枚数を決めることになると思います。


きのみはそこまで園服絶対!という感じではなく、寒い日や暑い日などは臨機応変にお手持ちの服を使用していただいて構いません。


また、汚れてしまった時は園で園服や下着を貸しますので、持たせなくても大丈夫です。

※レンタル料などはいただいていません。ただし、洗濯してお返しいただくようお願いしています。




2D0C720F-1EE0-46C6-B34F-5F57E6A2C626

〇〇はダメ‼︎多すぎる禁止事項


  • キャラクター物禁止
  • お弁当にゼリーやプリンなどのデザート禁止
  • ワッペンなどの装飾禁止
  • シール交換 お手紙交換禁止

などなど

あげたらキリが無いほどたくさんのルールが幼稚園や保育園、保育施設にはよくあります。


中には、

  • ママ友とのランチ会禁止
  • バス停での保護者同士のおしゃべり禁止
  • LINEグループを作るの禁止

など

直接的な保護者に対するルールがある園もあります。


ルールのできた理由は少し考えればわかるものがほとんどだと思います。


ですが、「なぜそのルールができたかわからない」と思うものや、「そこまで厳しくしなくても…」と思うものも中にはあると思います。


そういう時は、理由や経緯をきちんと聞いてみるのことをオススメします。

経緯を聞くことで、そこに通う保護者の色も見えてくるかもしれません。


また、そのルールや決まりにどれ程の効力があるのかもあわせて聞くことをオススメします。


例えば、ルールに

「キャラクターもの禁止」とあるが、

実際には、キャラクターものの靴下を履いてきている子がいる。


この場合、ルール違反をしているのか、それは園で認められていることなのか、一見すると分かりません。


なぜなら「キャラクターもの禁止」というルールのできた経緯に、

「お友達にとられたり、物の交換などがおきてトラブルに発展するため」という理由がある場合、靴下は、そんなに頻繁に脱ぐ物でも無いので、オッケーな場合も考えられます。


こどもは、よくみて、そしてなんでも真似します。


「お友達はよくて、自分はダメ」

そのようなことは登園拒否や、人間関係などのトラブルにも繋がります。


なので、(この後の章でもお伝えしますが)是非実際にこどもたちを保育している時間帯に見学することを強くオススメします。


目で見て確かめられるルールに関して(服装や、見た目、装飾など)は実際にみてわかることも多いと思います。


なにがよくて、なにがダメなのか、きちんと保護者の方が把握して、子どもに教えてあげることが大切だと思います。



キリスト教幼児教育きのみには、服装や見た目、装飾や持ち物に関するルールはほとんどありません。



もちろん安全や防犯上のルール(決まり)はあります。


ですが今の所、保護者の理解のもと、園全体で細かく明確なルールを決めなくても問題ありません。


しかし、私は園長として実際保育をする職員からの声は大切にしたいと思っています。


なので例えば、一つのクラスや学年で「シール交換」が爆発的に流行し、保育に支障をきたしている。

などの報告があった場合などは、クラスだよりなどで保護者の方に注意を促し、お子様への指導をお願いすることもあります。


もちろん、そのさいは、理由や経緯、原因なども記載し、保護者からの質問や意見などもお受けいたします。


私は、あまり堅苦しくたくさんのルールで子ども達や、保護者の方を悩ませたくはありません。


なので、今後もこのように、臨機応変に対応していけたらと考えています。




ここからは、少し余談になるのですが、今回このブログをかくにあたって、他の園でのルールのことや、なぜそのようなルールが必要なのかを調べてみました。


「カラー帽子 装飾」検索


保護者の努力がすごいですね…


当園では、運動会の際も、(こちらはなにも言っていませんが)何も装飾していない紅白帽を着用しています。


また、普段着用しているカラー帽子もワッペンなどを少しつけている子はいますが、そこまで派手な装飾ではありません。


例えば園服を楽しく着てもらうために、その子の好きなキャラクター物のワッペンをつけたりする工夫は、とっても素晴らしいことだとおもいます。


ですが、もし行き過ぎたデコレーションのカラー帽子などが今後園で流行った場合などは、少しルールを決めていかないといけないのかな〜

と、考えさせられました。




22644115

 とにかく足を運んで見てみよう!聞いてみよう!(まとめ) 


ここまで読んでみていかがだったでしょうか?


少しでも幼稚園、保育園選びの助けになればいいかと思います。


今はコロナのこともあり、見学や、説明会等もかなり減らしてる所もあります。


しかし、私は是非、実際に見て欲しい、そして会って話して欲しいと思います。


今の時代ネットで調べればある程度の情報は手に入ります。


ですが、私立幼稚園であったり、古くからあるような保育園さんは中々ネットが苦手であったり、ホームページが充実していない場合もあります。


逆も然りで、新設の園でネットの情報が充実しているけれど、新卒の保育士だけでやっている園もあります。


なので私は

実際の保育をしている日、子どもたちが登園している時間帯に見学が可能なら、是非見学して欲しいと思います。


その時間ですと、実際に保育をしている先生達からの話は聞くことは難しいかもしれません。


ですが、

「百聞は一見にしかず」

と言いますし、やはり、園長としては実際に見て感じて欲しいと思います。


 まとめ 


ここまで書いたことをまとめます。


  1. 入園グッズは手作りかどうか(他に手作りするものは無いか)
  2. 園服は絶対着用するのか(平均購入枚数はどのくらいか)
  3. 園指定のものは何か(お弁当袋やランチョンマット布団や座布団等のサイズ指定は無いか)
  4. 禁止事項について(それがどれぐらい守られているか)
  5. 保育時に見学できるかどうか


他にも、園選びにはご家庭の教育方針とのズレは無いか、自分の子どもとの相性はどうかなどあると思います。


また、本記事では触れていませんが、行事やPTA活動なども人によって合う合わないがあるかと思います。

なので、その辺もきちんと確認することが大切だと思います。


きのみのPTA活動(ほぼ無いのですが)や行事についてはコチラで少し触れていますので、良かったら読んでみてください!!

コチラ↓↓↓

子どもを預けて働きたい…東京千葉のママ。満3歳児ならキリスト教幼児教育きのみが狙い目?!



最後に、キリスト教幼児教育きのみではいつでも見学が可能となっております。

まずは気軽にお問い合わせください


コチラ👇👇👇

お問い合わせ



----------------------------------------------------------------------

キリスト教幼児教育・きのみ

住所:東京都江戸川区江戸川1-19-2

電話番号:03-3670-7825

----------------------------------------------------------------------